1日ひとつだけ自分を好きになる

自分を飽きさせないために

近況など

怒涛の勢いで2月が死んで気付けば3月も5日が終わっていた。5日と言ったら1/6。1/6と言ったら1日で言うと4時間。

時間を大切にしたいと思った。

 

学生としての生活が終わりに向かっているので諸々の準備をしている。

サイフポイントに手痛いダメージを与えて来るのが引越し。

8万以上も取られる。本当はその半額くらいでやってくれそうな神業者があったのだが繁忙期で取れなかった。これに関しては本当に早めの行動をしなかった自分の行いを悔いた。

修論発表から今まで何してたんお前?という感じ。

不用品の処分にも2万ほどかかって、めでたく10万越えそうです有難うございました。

払えませんので分割でお願いします。

 

社会人スタートダッシュを借金まみれで始めるこの気持ち。同情するなら金をくれとはこのこと。

 

卒業旅行なんか行かなければもう少し余裕は出来るけどさ。

引越し代は親に借りるとか、そういうのが出来る人ばっか周りにいて、そういう奴らと自分は若干住む世界が違うなって感じることが多くなった。

自分は大学院どころか大学行けたのが奇跡みたいな経済状況の家で、引越し代出してもらうどころか在学中に仕送りは半分になった。

まあそのぐらいどこにでもいる大学生だしバイトなりなんなりでもして頑張らなきゃいけなかったんだけど。

自分は人より要領が悪いのは自覚していたのでバイトはしないで奨学金で暮らしてた。

今思うと違うだろと。要領が悪いから人より頑張らなきゃならんのだろと。

何か困難に直面した時に思い出す言葉がある。

「2倍頑張れ」

燐寸少女3巻に出てくるとある親子の物語。母が子に伝えた言葉。

辛いときはこれを唱えて乗り越えようとしてきた。

けど、俺はちゃんと2倍頑張れていたか?

未来の自分の負担を増やしていただけではないか?

 

 

振り返ってみると目の前の困難にばかり目がいって将来の自分の姿が見えていないというのがよくわかった。

よくわかった。

タガタメのラーフ育成

ラーフの育成が終わった。

移動中の電車内で終わらせた。

今回のイベはフレのギル頼みで周回してたのでモチベ的にはあんまり高くなかったけどなんとか期間中に終了。

f:id:jojotaros1228:20170226143709p:image

f:id:jojotaros1228:20170226143732p:image

ラーフはロフィアが優秀すぎて陰に隠れていたけど、元から優秀な奇術師。

風属性なので速さがあがる風鎧を装備出来るのもポイント…だったがこれはイリュージョンロッドが出たことで大きなアドバンテージにならず差は開くばかりだった…

 

のがここに来てまさかの逆襲。

あんまり育成できてないけどレベル76時点で装備も無しで速さ108とかぶっち切りである。しかも固有技のマジカルモーメントもオバクロの詠唱速度向上版なのでめちゃくそ早い。

単純なサポート能力で言えばロフィアを超えたと言っていいと思う。

反面、魔攻と生存率ではロフィアの方が高いか。

まだ装備を強化してないしレベルも並んでないのでステータス値での単純な比較が出来ないけど。

 

ついでに装備が余ってたのでエンハンサーをジョブマしてみた

f:id:jojotaros1228:20170226160002p:image

 

更に素早さが伸びた…

レベルアップと装備強化、武具装備次第で120に届く?

ここまで速いと新しい動きも考えられそう。今までは奇術師必要な場面ではほぼ脳死でロフィアを選んでたけど、

今後は闘技場でロフィアよりラーフを見る機会が増えるかもしれない。

 

これだからこのゲーム辞められねえんだわ。

以下は装備の説明文。

f:id:jojotaros1228:20170226162435j:image

 

ドヤ顔ラーフとぐぬぬロフィアとかネタとしていいね。

 

 

タガタメのおっぱいガチャ

ついこの間1月終わったと思ってたらもう2月も瀕死状態。

 

タガタメに怒涛の勢いでキャラやイベントが追加されて手が追いかぬ。

続きを読む

2017年の46/365が終わっている。

修論発表を終えた。

練習のときは15分30秒かかっていたのに1分で終わるまとめスライドに差し掛かったのが12分だった。 全力アドリブで1分30秒は引き伸ばした。めっちゃ頭回した。 直前になって概要だけ示した図を差し込んでおいて助かった。自分は自分を助く。これ豆な。

その後の質疑応答も60点ぐらいは答えられたんじゃないかと。四捨五入して100点なら100点です。

何はともあれつらいつらいマウンテン登頂完了です。 これでようやく我慢していた色々に手を出せる。 タガタメのグランツとかアナスタシアとかアスワド=サンとかジークのおっさんとか、 誕生日近いし大好きちゅっちゅグリダヴォルちゃんとか、 大好きパラシュとか、 幼女戦記とか、 fateのアーチャーさんとか、 あととり🐤 描きたいものがいっぱいありましてござる。

漫画もいっぱい読む造(36歳)

修論を提出しました。 全然書けなくて 「つらまろ(つらい)でメンブレ(精神崩壊)しそう」 とか言い続けてたら後輩が事ある毎にメンブレ連呼するようになったので、 「メンブレとか訳わからん言葉使わんようにしよ」とかそっと決意固めながら書き上げました。

んで、その後とんでもない誤字を発見してつらまろでメンブレした。

修論書きながら思ったことがあるので書き留めておく。

どこの世界にも議論のために設けられてる場ってある。 語る内容の質に優劣はあっても議論のために設けられてる場なのに思考停止してる人がやって来るのが非常に鬱陶しい。

ゲームとかの話で例えれば、 「こいつは攻撃力低すぎる弱キャラ」 「は?エアプか?状態異常撒けるの強いだろ」 「それだったらこいつじゃなくてもいいじゃん。わざわざこいつのために1枠割かない」 「同じ役割で最遅なのもネックだよね」 「逆に、足の遅さが有利に働くとこならこいつ以上に輝ける奴もいないのでは?」 「いやそんな場面があっても、現状こいつがクソなのは間違いないでしょ」

みたいな話してる中、突如として現れる

「なんでこんなに荒れてんの…?可愛いは正義で良いじゃまいか」

みたいなのに最近無性に腹が立つ自分に気づいた。

喧喧囂囂意見しあってるのを、荒らしとかただ毀誉褒貶してるだけなのと見分けがつかない奴はただただ黙っていていただきたい。

ヒートアップしすぎてるのは認める。口汚く罵ってるだけに見えるかもしれん。 相手をこっちの意見で屈服させて「参った」って言わせたがってる節もあるかもしれん。

だけどちゃうねん、使えそうな場面探してんねん。愛でカバーしようとしてんねん。

どこの世界でも自治厨は嫌われるもんだけど、その謎の正義感が鼻につく。 そのキャラにクソというレッテル貼りをしたいだけの奴が相手ならそれは荒らしなので自治してもいいと思う。 でもクソというハンコを押すかどうかの議論をしてる中につまらん正義感を振りかざすな。お前は理性的に場を収めようとしているのかもしれんが、俺たちはお前よりも理性的だ。

言葉ってむつかしいね。

タガタメのロギ君クラスチェンジ

唐突に語りますタガタメの主人公ロギ君の話。

1周年記念ということでロギ君がクラスチェンジしたのでそのスクリーンショットなんか撮っておきました。

こんな感じ↓

f:id:jojotaros1228:20170130033602p:image

まあいきなりレベルMAXリライアンス装備で、後はジョブレベル11装備品を装備するだけなんですけど。

装備してみる

f:id:jojotaros1228:20170130033817p:image

めちゃくちゃ強くなったように感じる。

ホリナイは他に層が厚くて全体としては特別何か突出しているわけではないけど、このHPの伸びは感動すら覚えるレベル。

うちのパーティーではクロエが配布でもらったばっかりで育ってないのと、ティルフィングが最近のインフレについて行ける性能ではないので、強そうな光ホリナイは純粋に嬉しいところ。

 

固有スキルのシャイニングカリバーも名前カッコイイ上に高低差が3なので嬉しい感じ。fateEX2みたいなところで使いたかった。ヴィクター?知らん俺の管轄外だ。

 

ストーリーでの成長もあって結構好きな主人公なので頑張って使ってあげたい。

 

以下装備の説明

f:id:jojotaros1228:20170226171028j:image

 

微笑ましい説明文。なお本編は。

ただ、スキンを変えるとこの装備品付けてない感じになっちゃうのが残念。第3ジョブも早く来て欲しい。

蒼炎騎士とか?

ホリナイは硬くて強いけど、主人公が足遅くて隊の後ろくっついていくのはなんかなあ。

28/365が終わったって言ってもあんまり危機感無いけど、もうすぐ1年の1/10終わると思うと恐ろしい気がしてきた。29歳から30歳になるときのように。

もうすぐ一人暮らしの期間が終わってまた暫く親元で暮らすことになりそうなので、自分の親に対して思っていることを書いて整理しておこうと思う。(実際は理由なんてどうでもよくて、ただ書いておきたいと思うから書いておくだけ)

僕はお母さんが大好きである。所謂マザコンである。 恋愛感情とかでは絶対見ないけど、お母さんが辛い時は助けてあげたいと思うし、 僕が大学通うために大変な苦労を背負わせてきてしまったから、今後一生をかけてでも親孝行したいと思うし、 *恥ずかしくて面と向かってなんて言えやしないけど、お母さんの子供で良かったって思う

対して親父に対しては真逆の感情である。 親父の欠点、人として嫌いなところを挙げたら枚挙にいとまがないし、 誕生日も年齢も覚えてないし、 *なんでこんな奴が親父なんだよと何度も思った

うちの親はあらゆる面で真逆だ お母さんは辛いものや味の濃いものが好きで、親父は辛いもの無理・味の薄いものばっかり食う お母さんは風呂が長いけど、親父はカラスの行水 お母さんは細かいことにはあんまりこだわらないけど、親父は細かいことにばっかり目が行く(特に健康面) お母さんは文章が上手くて、親父は文章書くのは下手(読みにくい) お母さんは友だちが少ない、親父は飲みや旅行に行く友達が多い お母さんは謙虚(というより自分の能力に対しては少し卑屈)、親父は過去の栄光の自慢ばかりする お母さんは親父の悪口を陰でよく言う、親父はお母さんの悪口を面と向かって言う お母さんは親父の良いところは言わない(僕から見てもあんまり無いけど)、親父はお母さんの良いところを僕と二人の時はよく言う お母さんはゲームやおもちゃをよく買ってくれて、親父はゲームで遊ぶことを許さなかった上に子供の頃のおもちゃは大抵捨てられた。 お母さんは僕に結婚を期待しない、親父は僕に30までには結婚してくれという お母さんは僕に何も期待しない、親父は俺に優秀であることを求めてくる お母さんは俺が頑張ってもあんまり褒めてくれない、親父は俺が大学受かったときは大声出して抱きしめて喜んでくれた(酒臭かった)

所謂ダブルスタンダード、これが極端なレベルで両立していたのが我が家であって、 どっちかがどっちかに振れてるから、僕への影響はプラマイゼロで、僕は中立的な普通の人になりました、ということは無くて、 多分、自分自身の美徳とか倫理観とか社会通念への意識とかがブレブレになってる自覚がある。 親元離れて何年も経ってるから、今更親の影響ですなんて言うのは甘えなんだけど、それでも子が親から受ける影響は無視できるものでは無いはずで、僕は大体どっち付かずであることが多い。

僕は基本親戚や親父の知り合いからは「いい子」に見られることが多くて、でも俺をよく知る人からは「クズ」か「クソ野郎」が良いところだと思う(本気ではなく、友達が友達を馬鹿にし合うトーン、つまり最後に草が生えてる)。

何年かの一人暮らしを経て、だいぶ自分と自分の家を客観的に見れるようになった気がしているけど、またあのダブルスタンダード空間に戻ると思うと、ある程度距離を取りたいのだが、家族なのに距離を取らなきゃいけないってなんだ?という思いもあり。 まあ、これこそがダブルスタンダードな気もするのだが。

自分自身の気持ちの整理すら最近ようやくできるようになったっていうのに、 ダブスタ空間でちゃんとやっていけるのか甚だ不安である。 本来そういう強いダンジョンみたいなのは順を追ってレベルを上げてから挑戦するものであって、最初からそこで生まれて生きているのは勇者じゃなくモンスターの側だ。

どうしたいのかな、俺。